占いやカウンセリングの利用~心をスッキリ~

手を握っている人達

占いを利用する

星座のカード

占いと自分の相性を知る

占いというものに、興味を持つ人はたくさんいますが、しかし一口に占いと言いましても、その種類も豊富で、一体どれが自分に合っているのかがわからないという人も多い事でしょう。 確かに一般人として見てみれば、占いというものは眉唾なもので、興味がある反面、謎が多くてとっつけないという人もいるでしょう。 そこで今回は、その人と占いの相性というものを、ケースごとに見て行きたいと思います。 それはつまり、「自分が誰かに占ってもらう場合」と、「自分が占いを実践する場合」とで見て行きます。 つまり占いというものは、誰かに占ってもらうのと、自分で占うというものでは、まるで違ったものになってしまうからです。それはいわゆる「能動的相性」と「受動的相性」というものです。

ケースによる相性の相違

ではまず、別の占い師に占ってもらう場合です。 これは基本的に、受動的な姿勢なので、あまり相性というものは、大きな問題にはなりません。どちらかと言いますと、それは「占いというより、その占い師との相性」という方が重要になって来ます。 それに対しまして、自分で実践する場合は、「単純なフィーリング」が重要になります。 これは自分が実践するものを選ぶ時に、「なぜそれを選んだのか」というものですが、これは実践しているほとんどの人が、「単純なフィーリング」で選んでいるようなのです。 これはつまり、「理屈を超えた相性」というものが、この世界では大きな意味を持つという事を表しているのです。 もともと占いというものは、神秘学の領域のものなので、そこに明確な理由付けというものは、むしろ邪魔だと言えるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加